くりから工房~Blog (Archive & Search)

宇賀神像~梅若塚木母寺

2014-08-30
宇賀神像~梅若塚木母寺 はコメントを受け付けていません。

般若とは半蛇であるという説を紐解いてゆく過程で(~「鬼の研究」著者:馬場あき子氏~より)人頭蛇身の神である「宇賀神」に辿り着いた際、その奇妙な姿に惹かれ想作してみたくなったのが昨年末に紹介しました蛇身弁財天です(詳細は下記より)。
干支『巳』渦賀巳(かがみ)と宇賀神~扇蔵仕様

宇賀神様が祀られている鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社と
吉祥寺の井の頭弁財天には行った事があったのですが
個人的には「女媧の立体像」を探し求めていました。

そして先日ようやく近くに行く機会に恵まれ立ち寄れたのが
鐘ヶ淵(墨田区)梅若塚・木母寺(もくぼじ)に在る宇賀神像。

201456-2

寺院の裏手に密やかに鎮座している宇賀神像は
トラディショナルなとぐろを巻いた蛇身の姿に
髪を結い穏やかな表情をした弁才天の頭部で
訪れる者を優しく迎え入れてくれるかのよう…。

201456-1

所々苔生した銘が刻まれた石材で囲いがされているが
その縁起などは残されていないようなので詳細は不明。

畏れながらも可能な限り様々な角度から撮影していると
顎から髭のようなものが確認出来る・・・なんと翁か!?

顎鬚さえ無ければ、その佇まいは品のある女性に見えるのだが。。。

広告

    検索