くりから工房~Blog (Archive & Search)

龍指:参~龍の指切り(契り)の想作:1 | 2014-11-19

龍の指切り(契り)」をテーマに御伽話を書いたのは、くりから工房を世田谷に移した年の2009年7月でした。

そこから更に遡ること3年前の2006年の秋に
「龍指~壱~」をオブジェとして想作していました。

爪の形に似たテクタイト(モルダバイト)を入手したのを機に
ただ漠然と「龍の指を作ってみよう」と手掛けたのだと思います。

そんな「龍指~壱~」が私の手元から離れたのを機に
御伽噺に沿った小根付として「龍指~弐~」を想作。

そして今作「龍指~参~」は前作までの純銀製ではなく
動物の骨を用いた素材にて初の試みに挑んでみました。

販売する事を目的としていなかった事もあり、失敗を恐れずに
大胆なアプローチでザクザク削り、彫り込んでゆきましたが
その全ての工程を画像に収める事を失念しておりました。。。

・・・という訳で、こちらが彫り上がりの画像になります。

201495

基本オブジェですが、私物の指輪も担っています。
それは、根付でいう「なれ」を計り知る為です。

そんな目的から、こちらも初となる彩色を施してみることにしました。

2014年の芸術の秋は染色にトライ&エラーです!

つづく・・・

銀の音彩~月成(haq’s works)~より
龍指~龍の指切り(契り)~異聞奇譚

広告

カテゴリー: Ⅸ: 想作過程

    検索

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。