くりから工房~Blog (Archive & Search)

御滝不動尊の水行場に在る不動明王像と倶利伽羅龍像

2015-08-18
御滝不動尊の水行場に在る不動明王像と倶利伽羅龍像 はコメントを受け付けていません。

生まれ育った千葉県船橋市に在る御滝不動尊の
水行場に鎮座する不動明王像と倶利伽羅龍像。

この水行場こそ御瀧不動尊の名の由来とされ
海老川源流の清水が竜の口から流れ出ている。

水行場(御滝不動尊)

小学生の頃の校外学習では、まさにこの景色を写生し
中学時代は真夏の部活の後、この場がオアシスでした。

このように幼少期から身近に在った水行場ながら
いつの頃からだろうか畏怖の念を抱くようになった。

記憶を辿るに、恐らく不動明王の前にある龍の石像が
倶利伽羅龍である事を知った頃からのような気がする。

倶利伽羅龍(御滝不動尊)

そして子供の頃には全く気がつかなかったのだが
この不動明王と倶利伽羅龍に向かい合うように
別の倶利伽羅龍の石像が鎮座しています。

倶利伽羅龍(御滝不動尊)

背中が冷んやりとするほどの畏怖の地は
この時期に帰省した時は一瞬の避暑地であり
荒ぶる邪を水に流し清めて頂く畏敬の地なのである。

↓倶利伽羅龍のギャラリーページの背景画像がこの水行場です。
くりから龍(倶利伽羅龍)とは・・・

※関連キーワード
くりから龍,くりから竜,倶利伽羅龍,倶利伽羅竜,くりから龍王,くりから竜王,倶利伽羅龍王,倶利伽羅竜王,不動明王

広告

鬼来迎~鬼と仏が生きる里(仮面劇)

2015-08-16
鬼来迎~鬼と仏が生きる里(仮面劇) はコメントを受け付けていません。

千葉県山武郡横芝光町虫生(むしょう)にて
800年以上に渡って伝わる仮面劇『鬼来迎』。

201551

【鬼来迎とは…】
臨終に際した往生者を仏陀や菩薩が極楽浄土に迎える為に
紫雲に乗って枕辺まで迎えに来ると云う来迎儀礼の前段に
地獄描写(往生者が地獄で鬼より呵責を受ける場面)を設け
より深く仏の慈悲を実感させると云う仮面地獄劇である。

千葉県山武郡の小さな農村にて里人の生活と共に息づく思いは
(戦争や天変地異等もくぐり抜けて)大切に受け継がれている。

歌舞伎や能のように幼少期から専門の教育を受けた芸能とは違い
その地で生まれ育った人を中心に次世代へ伝承する民俗芸能は
時を経て仮面劇としての神懸りの術や、その在り方を知るのだろう。

国指定重要無形民俗文化財
鬼来迎~横芝光町商工会より

日本伝統文化振興機構
鬼来迎~伝統文化館より


ウェブショップ(通信販売)の発送日に関するお知らせ

2015-08-01
ウェブショップ(通信販売)の発送日に関するお知らせ はコメントを受け付けていません。

本日2015年8月1日より
商品の企画・制作、及び外商等の関係上
ウェブショップ(通信販売)の発送日を
暫くの間、第2・第4の土曜日とさせて頂きます。

指輪など受注制作のレギュラーアイテムは
御注文に合わせて大切に制作させて頂き
御注文日より約4~5週間後を目安とした
(第2・第4の)土曜日に発送致します。

在庫がある品は御注文頂いた日から
一番近い(第2・第4の)土曜日に発送致します。

在庫がある品で銀行振込の場合は御入金確認後より
一番近い(第2・第4の)土曜日に発送致します。

~お急ぎの場合は御注文前にお問合せ下さい~
スケジュールと照合し可能な限りの調整を致します。
(お問合せタイトル欄には商品名を御記入下さい。)

20150801

モノが溢れ、その多くが簡単に手に入る
便利な時代とは逆行する手段となりますが
より真摯に宝飾想作に向き合える方法と考えます。
何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。


カテゴリー: Ⅱ: お知らせ

    検索