くりから工房~Blog (Archive & Search)

「干支:申(猿)」の想作 | 2015-11-27

毎年恒例の干支シリーズ、来年2016年の干支「申(猿)」の制作過程を通した作り手の想いなどを交えまして、このページでお伝えしております。

今作は「勝る」と「魔が去る」という2つのワードをテーマに進展させてゆき
「去り際にグッドラック!」という意匠のお猿さんの姿を想作致しました。

命名…その名もズバリ「まさる」です(≧m≦)

201555-1

何事かを経た猿が、その場から立ち去る際に
振り向き様に親指を立てて勝利宣言(≧∇≦)d

猿の顔をよ~~~く御覧になって頂くと
舌をペロリと出しながらウィンクしています。

能で「三番叟」を演じる際の『剣先烏帽子』被っている事から
鬼門封じの真猿による「魔が去る」・・・なのかと思いきや
振り返った勢いでズレた剣先烏帽子の下から緊箍児(きんこじ)がチラリ。

頭の輪は魔を伏するための箍・・・まさるの正体は孫悟空でしょうか!?

(人もまた)時に心の箍を締め付けられる事で
物事の善し悪しを学んでゆくのかもしれません。

201555-2
ワックスからシルバーへの鋳造工程を経た「まさる」の原型です。

※関連キーワード
猿グッズ,猿ネックレス,猿ペンダント,猿帯留,猿根付,猿キーホルダー,申年ネックレス,申年ペンダント,申年帯留,申年根付,申年キーホルダー,さる年ネックレス,さる年ペンダント,さる年帯留,さる年根付,さる年キーホルダー,和装小物,和のアクセサリー

広告

カテゴリー: Ⅸ: 想作過程

    検索

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。