くりから工房~Blog (Archive & Search)

ゴールドマンコレクション~これぞ暁斎! | 2017-04-09

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催中の『ゴールドマンコレクション~これぞ暁斎!』を観覧してきました。

河鍋暁斎といえば、これまで何度かの展覧会で
仏画から戯画まで幅広い作品を観てきましたし
幾つかの図録なども所有しているのですが
「今回は動物を写生した題材が多いのも魅力」と
既に御観覧された扇蔵様より御伺いしていたので
何か新しい発見が出来ればと楽しみにしていました。


枯木寒鴉図/烏瓜に二羽の鴉(共に部分拡大)

1881年、第二回内国勧業博覧会で最高賞を受賞した暁斎は
この「枯木寒鴉図」に法外な価格が付けられた
「これは鳥の値段ではなく長年の苦学の価である」と答えたと云う

榮太婁の二代目主人に買い上げられ
この作品を機に鳥の制作依頼が殺到し
鴉の絵は海外に知らしめた作品となった。

観察と記憶による描写から数多くの写生が成され
そこに擬人化の要素を加える事で自由自在の
暁斎ワールドが繰り広げられるのである。

その1つの例が「鴉の目の擬人化」でした。

この2枚の画像は先日三溪園で撮影した鴉で
観察する限り鴉の目は黒目しか確認出来ませんが
鴉の白目や目の形を独自の解釈を添えることで
鴉の表情や作品の物語が明確となって浮かび上がる。

このアプローチが更に加速してゆくと
それはまるで人間社会の縮図として
その滑稽な様や風刺画として描かれ
今も私達の身近にある出来事と重なる。

暁斎の時代から約130年が経過し
これほどのテクノロジーが進化しても
人間の成長は個々の人生において大差なく
むしろ便利さと共に退化している部分さえある…
そんな事を思い馳せたりもするきっかけになりました。

暁斎の戯画による人生訓

もしも暁斎が現代を擬人化するとしたら
ミサイルだろうか、原子力だろうか、それとも…。

Bunkamura ザ・ミュージアム/ゴールドマンコレクション~これぞ暁斎!

広告

    検索

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。