くりから工房~Blog (Archive & Search)

ラピスラズリをサッカーボールに見立てた八つ菊のブローチ | 2018-06-30

サムライ・ブルーのラピスラズリをサッカーボールに見立てた八つ菊のブローチのオーダーメイドで、トラディショナルなデザインをオマージュとしたシルバーアクセサリーを御紹介致します。

大きなラピスラズリをサムライ・ブルーのサッカーボールに見立て
末広がりの扇から「八」に通じる八つ菊でこの大きな石を覆い
(12年前に制作させて頂きましたサッカーボールの指輪と同じく)
八咫烏の3本足が八つ菊を掴んでいる(掌握している)という意匠です。


この大きなラピスラズリは前作2014年に制作致しました
サッカーボールのペンダントを納品させて頂いた直後に出逢い
ブローチを制作することは、この時から決めていました。


ワックスにて八つ菊のフレームを立体化しましたが
うっかり撮影するのを忘れてしまっておりましたので
鋳造後からの画像とあわせて過程を掲載しておきます。
(ちなみに鋳造後の重さは22グラムでした。)


こちらの画像は裏側に金具や下駄を取り付けてから
仕上げの磨き工程の3つくらい前の状態のところです。


この段階でシルバーのフレームを全て黒く燻します。
八つ菊の透かし部分や八咫烏の3本足部分の周辺に
自然なグラデーション効果が表れるよう仕上げてゆきます。


磨きの工程を経て真珠を試しに載せてみたところです。
このワンポイントの石をルビーか真珠かで迷いましたが
八つ菊とラピスラズリに真珠を合わせて正解でした。

扇蔵様からも「真珠にする事によってこのデザインの良さが
ぐんと引き立っていると思います」との御言葉を頂きました。


八つ菊のフレームにラピスラズリを留める前に
最終的な位置(向きなど)を確認しているところです。


御納品用のケースに納めての記念撮影です。

大きなラピスラズリをサッカーボールに見立たブローチですが
サッカー以外の場での活躍も期待出来そうなデザインで
それぞれの装いの場に合わせた独特な存在感を放ちながら
八つ菊を掴む八咫烏の3本足のように掌握してくれそうです。

先ずはワールドカップ、決勝トーナメント進出おめでとうございます。

オーダーメイドについて…

ラピスラズリとは…

~・~・~・~・~・・・
※Archive & Search
サッカー ブローチ,サッカーボール ブローチ,八つ菊 ブローチ,ラピスラズリ ブローチ,シルバーアクセサリー,オーダーメイド ジュエリー,オーダーメイド アクセサリー,ハンドメイド ジュエリー,ハンドメイド アクセサリー,カスタムメイド ジュエリー,カスタム アクセサリー,オリジナル アクセサリー,オリジナル ジュエリー,オリジナル デザイン,

広告

    検索

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。