くりから工房~Blog (Archive & Search)

特別展 「仏像入門-のぞいてみよう!ウラとワザ-」鎌倉国宝館と旗上弁財天社 | 2018-07-30

鎌倉国宝館にて開催中の特別展 「仏像入門-のぞいてみよう!ウラとワザ-」を観覧してきました。

・・・と、その前に「鎌倉江の島七福神」の弁天様
鶴岡八幡宮境内の源氏池に浮かぶ島にある
旗上弁財天社に参拝して参りました。

1182年、北条政子の命によって建立したものとも伝えられ
社の裏手には政子石なる大きな石がひっそりと祀られています。


※こちらは1980年に復元された旗上弁財天社の彫刻です。

重要文化財「弁才天坐像」
1266年に舞楽師中原光氏が舞楽院に奉納。

神仏分離令が発令された1868年以降
弁財天社も仏教の守護神であることから
鶴岡八幡宮寺と共に廃仏毀釈で破壊され
行方不明なっていたが後に倉庫にて発見、
現在は「鎌倉国宝館」に寄託されており
今回の特別展でも展示されていました。

弁才天坐像(弁財天坐像)

弁才天坐像(弁財天坐像)~※私物の古い絵葉書より


この画像にあるように裸形に腰布1枚の姿で彫出され
この裸形彫刻に着衣して弁才天坐像は完成すると云う。

そんな弁才天坐像を下から少し見上げるように
間近で独占状態で拝観することが出来ましたが
鎌倉時代作ならではのふくよかな女性らしさの中に
その存在感から畏怖の念を感じずにはいられません。

そんな 「仏像入門-のぞいてみよう!ウラとワザ-」

関東でも数多くの魅力的な仏像が伝わる鎌倉にて
普段目にする角度とは異なる仏像鑑賞をテーマに
伝統の中に新たな発見を見出すというアプローチ。

例えばフライヤーにある十二神将立像
(左奥から、寅神像・卯神像・子神像)の
卯神像はフライヤーの角度から見た印象は
遠くの景色(様子)を伺っているように観えますが

こうして俯瞰すると「了解!」とか「お疲れ!」と
キャラクターが敬礼しているかのような感じで
(それこそLINEのスタンプとして使えそう)
険しい形相に愛嬌が溢れ親近感を覚える。

個人的に気に入ったのは子神像。

特にこの左目の感じなどは間違いなく近い将来
面根付か般若辺りの作品に反映されると思います。

もちろん基礎的な鑑賞や、仏師の思いや工夫の数々で
仏像の内側(ウラとワザ)として窺い知る事が出来ます。

会場:鎌倉国宝館
会期:平成30(2018)年7月21日(土)~9月2日(日)

特別展 「仏像入門-のぞいてみよう!ウラとワザ-」

広告

    検索

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。