くりから工房~Blog (Archive & Search)

伝説の面打たち~東京国立博物館

2020-02-22
伝説の面打たち~東京国立博物館 はコメントを受け付けていません。

まだまだ実態が解明されていない事が多いとされる面打にスポットを当てた「伝説の面打たち」を観覧してきました。

先ず最初に出迎えてくれたのが「伝山姥」伝赤鶴作
南北朝時代に制作され重要文化財に指定されています。

山姥の面にしては珍しく耳が存在するこの面は
その大きく裂かれた口に歯茎まで表すことで
より独特な凄みの表情が表現されています。

鬼の面の上手(鬼の面に優れた)
赤鶴(しゃくづる)作とされます。

次は室町時代に制作された「大癋見」
佐渡嶋/一透作/久知住 刻銘

癋見(べしみ)とは下あごに力を入れ
口をぐっと結んだ表情の鬼神面のことで
大癋見は目を見開いた大形の癋面。

この大癋見はそのぐっと結んだ口の上下が
力強く膨らんでいるのも大きな特徴です。

一透(いっとう)は赤鶴の別名という説もあるそうです。

次は「鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)」

文蔵作/満昆(花押)とありますが、これは
江戸時代の面打である出目満昆による鑑定銘。

悪尉とは恐ろしい表情をした尉(老翁)の面で
額に浮かび上がる血管も稲妻のように力強い。

「茗荷悪尉(みょうがあくじょう)」
文蔵作/満昆(花押)室町~安土桃山時代

頬骨を細く鋭く突起するように彫られており
茗荷のような形の眼に耳は表さないのが特徴。
人間を超越した存在(異形の神)に用いられる。

こちらも同じ「茗荷悪尉」
春若作/満喬(花押)室町~安土桃山時代

こちらは先程の茗荷悪尉のような
抽象的・デフォルメ的な表現は控えめで
鑿跡のない滑らかな印象の仕上がりです。

最後に「増髪女(十寸髪) 」
増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)

眉間にある左右二筋ずつの皺とその上の大きな窪み
そして乱れた髪は神がかった状態を表しているとされる。

たくさんの女面の中で特に気に入った面でしたので
角度によって異なる表情をInstagramに載せておきました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
会場:東京国立博物館 本館14室
会期:2020年1月2日(木) ~ 2020年2月24日(月)
伝説の面打たち


特別展「人、神、自然~ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界」

2020-01-30
特別展「人、神、自然~ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界」 はコメントを受け付けていません。

特別展「人、神、自然~ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界」を観覧してきました。

カタール国の王族ザ・アール・サーニ殿下が収集された
世界各地の古代文化が生み出した工芸品コレクションから
「人」「神」「自然」をテーマに沿って古代世界を巡る。

古代の人々は、神々や死後の世界をどのように捉え
自分達をどう表現し、自然界をどう認識していたのか
古代の美術工芸品に投影された図像・意匠などから
当時の人々の意識や世界観の断片を窺い知ることが出来る。

2匹の蛇が左右対称に並ぶように絡み合い
その先端は2匹の蛇の頭部は向き合っている。
ハート形と丸形の石(ターコイズ?)の痕跡と
尾の部分にはドロップ形の痕跡が残っている。

古代より蛇を模した装身具は手首や上腕に装着され
幸運や愛を表すモチーフが用いられたとされる。

蛇は地中で冬眠することから再生の象徴とされ
その邪悪で時に致命的な危険をもたらす事から
護符とされ、豊穣をもたらすと考えられていた。

水や豊穣に関連するゾロアスター教の女神アナーヒター

この女神は「水を持つ者、湿潤にして力強き者」と呼ばれ
ハラフワティー・アルドウィー・スーラーという別名があり
ハラフワティーはサラスヴァティーのペルシア語読みとされ
インド神話のサラスヴァティーと同起源と考えられている。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
会場:東京国立博物館 東洋館
会期:2019年11月6日(水) ~ 2020年2月9日(日)
特別展「人、神、自然~ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界」


くりから工房2020年~子年

2020-01-01
くりから工房2020年~子年 はコメントを受け付けていません。

喪中につき新年の挨拶を控えさせて頂いておりますが、引き続き本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年、御二方との大きな別れがありました。
くりから工房スタートさせた当初から
私の仕事を信じ、応援して下さった方々です。


御依頼主様の干支(子)の守り本尊
「千手観音菩薩」の梵字『キリーク』を
印面にシンボリックに彫り込んだ18金の指輪。


細めのデザインを好まれる御依頼主様より
お預かりした両穴(貫通)の大きな黒真珠を
地金で挟み込むように留めたプラチナの指輪。

どちらも思い出深い作品である事を胸に秘め
御二方からお寄せ頂いた期待に応えるべく
これからも真摯に想作に向き合って参ります。

~・~・~・~・~・~・

梅が丘付近から綺麗に富士山が見えるスポットがあります。

今こそ世の中のますます繁栄していくのを見るとき
御神慮の大きく限りなきことを知り得る。
いよいよ慎みて家業に精を出し御神徳を頂けとなり。

本日は月齢 5.9
力強く満ちてゆく月姿は
元旦に相応しく感じます。

~・~・~・~・~・~・

2008年にスタートさせた干支シリーズが一回りした今年
12年を経て見えてきた佳き所、改めるべき所を見直した
2020年バージョンの子年の干支をリリース致します。

作品名『大黒の子(ね)』

心を豊かにしてくれる金嚢を運ぶ頬っ冠り姿の大黒の遣い。
金嚢は福労、つまり積み重ねた苦労も福と成すとされ
その中には金銀財宝といった物質的な宝よりも
智慧から授かる捉え方、大切な価値観かもしれません。

改めまして2020年も、くりから工房を宜しくお願い致します。


唐草風に鳳凰&ラピスラズリの指輪(リング)

2019-12-24
唐草風に鳳凰&ラピスラズリの指輪(リング) はコメントを受け付けていません。

唐草風に鳳凰をインクルードさせた文様の中心にラピスラズリを留めた指輪(リング)のオーダーメイドで、ハンドメイドによるオリジナルデザインのシルバーアクセサリーを御紹介致します。

普段使い、日常使い出来る指輪(リング)として
御依頼主様のラッキーモチーフである鳳凰を
唐草風の文様の中に織り込むように描きました。

ドーム状のフォルムでボリューム感と共に
軽やかで滑らかな着け心地がベースです。

センターに留まるラピスラズリを包むように
鳳凰をトライバル模様のように配されており
その表情も融和で穏やかな感じにしてみました。

ワックス原型の段階では瑠璃色の部分が多い
ラピスラズリを留める予定で進めていましたが
シルバーに鋳造してみると少々物足りなさを感じ
改めて幾つかある中から再検討してみる事に…。

今回のラピスラズリは金色の黄鉄鉱(パイライト)で
星雲のように覆われたものを採用させて頂きました。

『宇宙(そら)を包み込む鳳凰』
そんな世界観を描くことが出来ました。

オーダーメイドに関する詳細はこちらから御覧下さい

※Archive & Search
鳳凰の指輪(リング),朱雀の指輪(リング),不死鳥の指輪(リング),フェニックスの指輪(リング),手作り アクセサリー,ハンドメイド アクセサリー,オーダーメイド ジュエリー,オーダーメイド アクセサリー,ハンドメイド ジュエリー,ハンドメイド アクセサリー,カスタムメイド ジュエリー,カスタム アクセサリー,オリジナル アクセサリー,オリジナル ジュエリー,オリジナル デザイン,ネット通販,通信販売


剣と翼を組み合わせたデザインの指輪(リング)

2019-12-12
剣と翼を組み合わせたデザインの指輪(リング) はコメントを受け付けていません。

剣と翼を組み合わせたシンボル・モチーフの指輪(リング)のオーダーメイドで、ハンドメイドによるオリジナルデザインのシルバーアクセサリーを御紹介致します。

「仕事中に出来る幅広のシンプルなフォルムにの指輪」
そんなテーマに、御依頼主様のシンボルモチーフである
剣と翼を組み合わせたデザインを描いてみました。

もうかれこれ12~3年ほど経つと思いますが
同じモチーフのドレスアップ・リングを制作し
かなり多くのシーンで御愛用して下さいましたが
今回はそれをミニマムにまとめあげた感じです。

背景のテーマはコズミック「宇宙」です。
広大かつ無限の宇宙(そら)に浮かび上がる
御依頼主様のシンボル・モチーフ「剣と翼」。

その隙間を埋めるように凸状の星を散らし
漆黒の闇の中でランダムに浮かび上がる
コズミカルな感じを演出してみました。

剣の部分は揺ぎ無く真っ直ぐに貫くシャープさを
翼の部分は羽毛のフワッと柔らかな感じに仕上げ
そのコントラストの組み合わせもまたユニークです。

オーダーメイドに関する詳細はこちらから御覧下さい

※Archive & Search
剣の指輪(リング),ソードの指輪(リング),ブレイドの指輪(リング),翼の指輪(リング),ウィングの指輪(リング),手作り アクセサリー,ハンドメイド アクセサリー,オーダーメイド ジュエリー,オーダーメイド アクセサリー,ハンドメイド ジュエリー,ハンドメイド アクセサリー,カスタムメイド ジュエリー,カスタム アクセサリー,オリジナル アクセサリー,オリジナル ジュエリー,オリジナル デザイン,ネット通販,通信販売


銀に金の鳳凰が描かれた指輪(リング)

2019-12-03
銀に金の鳳凰が描かれた指輪(リング) はコメントを受け付けていません。

銀に金の鳳凰が描かれた指輪(リング)のオーダーメイドで、シンプルなフォルムながらも存在感溢れるオリジナルデザインで、カスタムメイドならではのジュエリーを御紹介致します。

「仕事中に出来る幅広のシンプルなフォルムに
可愛らしい金色の鳳凰の指輪」というテーマに
パッと一瞬にして華やぐ鳳凰を描いてみました。

「日常使いで女性の指に合う可愛らしい鳳凰」

今までにデコラティヴな鳳凰やリアルな鳳凰などは
いくつか想作して参りましたが、可愛らしいとなると
これまでとは少し異なる全く新しい試みとなりました。

「可愛らしい」というアプローチも様々で
何かのキャラクターのような感じではなく
鳳凰に花火を重ね合わせてみることで
一瞬にして華やぐ姿を表してみました。

リングの正面に大きく翼を広げた横向きの鳳凰を配し
その翼に大輪の花をインクルードさせたイメージで
その姿を下書き無しでワックスに彫り込んでみました。

シルバーに鋳造後、細かいテクスチャを重ねる事も
視野に入れていましたが、可愛らしさの象徴として
「やり過ぎ」感、「押し付け」感が出てしまうと思い
普遍的に長く使える事を優先しながら進めました。

ある程度の仕上げ工程を経て
正面のみに金メッキを施しました。

鳳凰の意匠部分の全てに金色を残すか
彫り込んだ凹部分の鳳凰のラインに残すか
その両方を試すために先ずは前者から手掛けるも
途中から後者に切り替えた所で着地点が見えました。

鳳凰のブローチの制作記事でも触れましたが
改めて鳳凰の縁起について触れておきます。

陰と陽を同時にあらわす鳳凰は
雄である鳳は陽で太陽に属し
雌である凰は陰で月に属する。

このように陰陽両面を象徴する鳳凰は
「不離の和合」そのものであるとされ
公正・忠実・正義・従順を表しています。

また皇帝の象徴である5本指の龍に対置して
鳳凰は完全なる雌である皇后の象徴であるとされ
美意識と繊細なる感情により平和をもたらします。

そんな伝説の霊鳥ならでは、その容姿も
様々な動物の断片をモデルとし(諸説あり)
その羽や尾は孔雀が最も近いとされています。

オーダーメイドに関する詳細はこちらから御覧下さい

※Archive & Search
鳳凰の指輪(リング),朱雀の指輪(リング),不死鳥の指輪(リング),フェニックスの指輪(リング),手作り アクセサリー,ハンドメイド アクセサリー,オーダーメイド ジュエリー,オーダーメイド アクセサリー,ハンドメイド ジュエリー,ハンドメイド アクセサリー,カスタムメイド ジュエリー,カスタム アクセサリー,オリジナル アクセサリー,オリジナル ジュエリー,オリジナル デザイン,ネット通販,通信販売


蘭(カトレア)がモチーフのブローチ~ランデブー

2019-11-15
蘭(カトレア)がモチーフのブローチ~ランデブー はコメントを受け付けていません。

蘭(カトレア)がモチーフのブローチのオーダーメイド。公の場でも着けられるようなオリジナルデザインで、カスタムメイドならではの魅力あふれるジュエリーを御紹介致します。

蘭(カトレア)がモチーフのブローチ

蘭(カトレア)がモチーフのブローチ

「らん」をテーマに制作させて頂いております…
第三弾の今年の作品は「ランデブー」となりました。

扇蔵様との会話の中でその場で思いつく限りの
様々な「らん」を駄洒落なども交え過ごしていると…
扇蔵様がふとひらめかれた御表情で「ランデブー!」と☆

それまでピックアップされた中で何よりもしっくりと
腑に落ちるような感じにランデブーに決定致しました。

ランデブーをテーマに二輪の蘭がじゃれ合ったり
見つめ合ったり、時にへそを曲げて背を向けたり…
そのような感じで第一案の方を描いてみました。

そんな8案の中からA-3とA-5を第二案として展開してゆき
最終的にはA-3の金銀を反転させたデザインとなりました。

流れるような曲線の一枚の細長い葉をベースに
金と銀の二輪のカトレアと真珠が配されています。

カトレアは以前にも制作したことがありましたが
今作ではリアルさの中に象徴性を捉えた感じにて
このデザインを立体化するにあたりアプローチしました。

3つのパーツをデザインに忠実に配置してみると
テーマの1つである「寄り添い」が浮かび上がり
胸元に装着された際の雰囲気を想起させてくれます。

鋳造工程を無事に経て、貴金属の冷たい印象を拭うべく
(機械的・分業的という意味でのスタンスではなく)
下磨きの段階から手仕事の温もりでカバーしてゆきます。

それは具体的なものとしては例え難いのですが
完成に向かうプロセスの中での修正力や展開力といった
Try and Errorに秘められているように思えます。

やはりこうして真珠を配してみるだけで
一気に品が上がる感じが致しますね。

扇蔵様も「真珠のアイデアは良いですね。
これでより使いやすくなると思います」と
お気に召して下さいました。

ワックスの段階での断片的な目印程度のテクスチャーに
金属の光り方を見極めながら、その小さな存在の息吹が
決して主張し過ぎないようにテクスチャーを重ねます。

(画像では微妙すぎて判り難いのですが)
花弁を縁取るようなイメージとでもいうのでしょうか
花弁のアウトラインは鏡面に近い光沢仕上げとし
グラデーションを交えながら柔らかさを引き出します。

公式の場でも着けられるように…との事でございましたので
全体的にはシンプルにまとめながらも、やはり所々に
くりから工房らしさも織り込まれたデザインに仕上がりました。

オーダーメイドに関する詳細はこちらから御覧下さい

※Archive & Search
カトレアのアクセサリー,カトレアの花モチーフ,カトレアのブローチ,蘭アクセサリー,蘭モチーフ,蘭ブローチ,らんのアクセサリー,らんの花モチーフ,らんのブローチ,ランのアクセサリー,ランの花モチーフ,ランのブローチ,オーダーメイド ジュエリー,オーダーメイド アクセサリー,ハンドメイド ジュエリー,ハンドメイド アクセサリー,カスタムメイド ジュエリー,カスタム アクセサリー,オリジナル アクセサリー,オリジナル ジュエリー,オリジナル デザイン,ネット通販,通信販売


企画展「有栖川宮家・高松宮家ゆかりの新収蔵品」~國學院大學博物館

2019-10-24
企画展「有栖川宮家・高松宮家ゆかりの新収蔵品」~國學院大學博物館 はコメントを受け付けていません。

國學院大學博物館にて開催中の企画展「有栖川宮家・高松宮家ゆかりの新収蔵品」を観覧してきました。

お目当ては金工職人の技術が駆使された
精巧かつ美術的な側面でも価値のある
両宮家伝来のボンボニエールです。

様々な意匠が凝らされたボンボニエールは
手の平サイズに浮かびあがる宇宙という面でも
まるで根付にも通じるような雅な芸術品ですね。

ボンボニールとは…
ヨーロッパでお祝いの場に添えられる
砂糖菓子(ボンボン)を入れる菓子器で
日本では明治時代より皇室の慶事の際に
引き出物として配られるようになりました。

いくつも面白い意匠のボンボニエールがありましたが
この場では中でも最も「らしくないもの」という点で
『楊筥垂纓冠形ボンボニエール』をフォーカスします。

楊筥垂纓冠形ボンボニエール

楊筥垂纓冠形ボンボニエール

御紋:三笠宮家
崇仁親王(三笠宮)御成年式御祝宴
昭和10年12月15日

こちら、どこからどう見ても…

ボンボニエールには見えませんね。

いったい、どこにどれだけの砂糖菓子が
収納されるというのでしょう???
一方で、そんな思いを払拭してくれる程の
仕事のバランス感に惹かれました。

楊筥垂纓冠の打ち出し模様の表現も
マットな黒鉄色の金属肌を巧く活用し
やり過ぎ感のない程よい感じが良いですね。

最後にもうひとつ…
『兎置物形松鶴文ボンボニエール』
御紋:久邇宮家
久邇宮良子女王御婚儀御送別
大正13年1月19日

とても精巧な造型のうさぎさん、
香淳皇后陛下の干支は卯ですね。

他にも気になったもの等をいくつか
インスタグラムの方にアップしておきます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
会場:國學院大學博物館 企画展示室
会期:令和元(2019)年8月31日(土)~10月27日(日)

企画展「有栖川宮家・高松宮家ゆかりの新収蔵品」


薔薇モチーフのバングルタイプのブレスレット

2019-10-17
薔薇モチーフのバングルタイプのブレスレット はコメントを受け付けていません。

薔薇がモチーフのバングルタイプのブレスレットのオーダーメイドで、シンプルながらも存在感溢れるオリジナルデザインで、カスタムメイドならではのジュエリーに仕上がりました。

「とある大切なものを収納できるブレスレットを…」
そんな御要望に合わせてドーム状のフォルムに辿り着き
そのドーム状のトップに8パターンの模様を描きました。

その中から薔薇をモチーフとした図案が採用となりました。

「大切な…」に関する石であるガーネットを留めるにあたり
(ここで判りやすく単純に記すと)「紫・赤紫・赤」の
3パターンのガーネットを用意させて頂きました中から
真ん中の赤紫色のガーネットを用いることになりました。
いわゆる「ロードライトガーネット」です。

いくつかドーム状のフォルムを試作した中から
裏蓋(←これが重要)に合う最適な大きさを削り出し
そのトップに薔薇の意匠を大胆に彫り込んでみました。

最初のデザインではチェーンのみで繋いだブレスレットでしたが
強度や安定感、そしてジャラジャラとしたチェーンの印象を考慮し
プレーンなバングルタイプのブレスレットになりました。

こういったバングルタイプのブレスレットの場合
もう少しバングル部分が長くなっていても良いのですが
チェーン部分が装着時にニュートラルな役割を担うのと
装着する金具の位置も考慮し今作ではハーフスタイルです。

このボリューム感、またそれに伴い想定される重さ等々
現物を見て頂きながら、その辺りの確認を入念に積み重ねた後
シルバーへの鋳造工程を経て、ガーネットを留めたところです。

裏蓋がぴったり綺麗に締まる(収まる)かというのも
このアイテムの重要なポイントの1つでもあります。
ネジのデリケートな部分を呼応するように調整しつつ
全体を通して理想的な感じにアプローチしてゆきます。

ちなみに(ここでは公開は致しませんが)
ネジは+と-のハイブリットなデザインです♪

象徴的に彩る赤紫色のガーネットと銀色の薔薇。
薔薇の花びら1枚1枚にテクスチャーを施すことで
グラデーションの陰影から薔薇が浮かび上がります。

バングルタイプのブレスレットという利点を活かし
独特なフォルムながらもシンプルに構成する事で
装着時のフィット感と共に安定感が保たれます。

バングル部分の裏側には「大切な…」にまつわる標しが
ファッショナブルなフォントによって打刻されています。

それはまさに存在そのものの証であり
パーソナルを身に着ける、また装うことで
その強い結びつきは一体となることでしょう。

ガーネットとは…

オーダーメイドに関する詳細はこちらから御覧下さい

~・~・~・~・~・・・
※Archive & Search
Rose,bangle,bracelet,jewelry,accessory,バングル,ブレスレット,バングルとブレスレットのハイブリット・タイプ,薔薇バングル,薔薇ブレスレット,薔薇デザイン,薔薇モチーフ,薔薇アクセサリー,バラバングル,バラブレスレット,バラデザイン,バラモチーフ,バラアクセサリー,ガーネットバングル,ガーネットブレスレット,ガーネットアクセサリー,オーダーメイドジュエリー,オーダーメイドアクセサリー,ハンドメイドジュエリー,ハンドメイドアクセサリー,カスタムメイドジュエリー,カスタムアクセサリー,オリジナルアクセサリー,オリジナルジュエリー,オリジナルデザイン,通信販売,ネット通販


みんなのミュシャ「ミュシャからマンガへ―線の魔術」

2019-09-21
みんなのミュシャ「ミュシャからマンガへ―線の魔術」 はコメントを受け付けていません。

みんなのミュシャ「ミュシャからマンガへ―線の魔術」をBunkamura ザ・ミュージアムにて観覧してきました。

ミュシャに関する展覧会は2010年の6月に三鷹で観覧した
生誕150年記念「アルフォンス・ミュシャ展」以来です。

【後世への影響を辿る】
いわゆる華やかな「ミュシャ様式」は現代に至るまで
様々なジャンルのアーティストの作品に繋がれており
本展ではその在り方も深く掘り下げた内容になっている。

例えばそれは明治期の文芸誌の挿絵から
1960年代後期のサイケデリックアートまで
個人的にも身近にあったグラフィックである。

こちらでは昨今話題の「体験消費」への対応でしょうか
撮影可能だったエリアから気になった作品を紹介します。

~・~・~・~・~・~・~・

【ミュシャと蛇】

アルフォンス・ミュシャ《エメラルド》

アルフォンス・ミュシャ《エメラルド》


個人的には「ミュシャの描く蛇」に興味を寄せている。
その辺りについては改めて別の機会を設けたいと思います。

サブタイトルにある「線の魔術」そのままに
その流れるような曲線から織り成される装飾として

『鏡によって無限に変化する装飾モチーフ』の中では
ミュシャの描く蛇のシルエットのように浮かび上がります。

アルフォンス・ミュシャ《絵画/四芸術》

アルフォンス・ミュシャ《絵画/四芸術》

背景の円と人物とでQの字を描く「Q型方式」で
後に多くのアーティストに取り入れられたとされます。

この四芸術の絵画を擬人化させた女性像の背景にある
小さく連なる円もまた個人的には蛇をイメージさせる。

アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》

アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》

こちらは「守護天使リング」の制作時
資料としても活用させて頂いた思い入れのある作品。

カレンダーとして考案されたミュシャ様式の代表作の1つ。
背景の丸く縁取られた中に12星座が描かれています。

アルフォンス・ミュシャ《夢想》

アルフォンス・ミュシャ《夢想》

こちらも背景の花で飾られた円と人物とでQの字を描く
「Q型方式」のひとつであろうか…。

元々は某印刷所のノベルティとして制作されだけあって
モデルの膝の上には印刷物が大きく広げられている。

守護天使の資料に《黄道十二宮》を用いたように
今もしミュシャの作品を模写するとしたら
迷うことなくこの《夢想》を選ぶと思う。

そんな模写等に役立てられるのが次の作品です。

『装飾人物集図』26の最終習作

『装飾人物集図』26の最終習作

こちらは装飾人物の習作で、ミュシャの絶頂期に
学生・デザイナー・イラストレーターらの要望に応え
刊行された『装飾人物集』の中に収められている。

そして大変ありがたいことに(しかも大変お手頃な価格で)
ミュシャ装飾デザイン集―『装飾資料集』『装飾人物集』として
この貴重な2冊が1冊にまとめられリリースされています。

なかなか模写したりするまでには至っておりませんが
秋の夜長に何となくページをめくるだけで心豊かなひと時です。

~・~・~・~・~・~・~・

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
会期:2019年9月29日(日)まで

みんなのミュシャ「ミュシャからマンガへ―線の魔術」


次のページ »

    検索